法政大学 - HOSEI UNIVERSITY -

研究機関以外のセンター

環境センター

環境センターは「グリーン・ユニバーシティ」を実現するために教職員・学生、学内外の諸団体と連携して活動を行っています。

FD推進センター

FDとはFaculty Developmentの略で、大学などの教育機関が教育の質を向上するために行っている取り組みをいいます。

言語文化センター

市ヶ谷地区において言語・文化系の基礎科目を担当する専任教員の行う研究に資することを目的に設置されています。学部資料室に準じた機能を果たしています。

市ヶ谷リベラルアーツセンター

2010年4月設置に設置された「市ヶ谷リベラルアーツセンター」では、市ケ谷キャンパスの各学部で行われている教養教育全体の基本理念・目的やカリキュラムの再設計をはじめとして、初年次教育、外国語教育、ICT(Information Communication Technology)教育、建学の精神の教育、キャリア教育などのあり方を再検討し、学士課程教育の重要な柱の1つを構成する教養教育に関する共通カリキュラムの開発支援と適切な運営を行うことを目的としています。

学習環境支援センター

「学習環境支援センター」は、単位制度の実質化の観点から、教育・学習環境の整備と学生の主体的学習の支援のための全学的な施策の企画・提案・調整を行うことを目的とし、学生の自習環境を保障し、さらに拡充するための組織です。

自然科学センター

市ケ谷キャンパスの各学部で行われている教養教育のうち、自然科学関連の授業を受け持つ専任教員が作った組織です。

入学センター

入学センターは、主に受験生への広報活動と入学試験の実施に関わる業務を担当しています。

学生センター

学生センターは正課授業以外の学生生活全般を扱う部局です。サークル活動など様々な課外活動に対する支援や、正課以外の教養・自己啓発型プログラムの企画・運営(学生スタッフと教職員の共同で行っています)、奨学金の申請受付、アパートの紹介、白馬山荘の使用予約等も行っています。

ボランティアセンター

法政大学ボランティアセンターは、ボランティア活動を行ってきた学生団体からの提言と文部科学省支援事業採択をきっかけに、2009年4月に3キャンパス(市ケ谷・多摩・小金井)同時に設立されました。

キャリアセンター

キャリアセンターには、市ケ谷・多摩・小金井の3キャンパスに専任職員のほか、シニアアドバイザー(企業での採用経験者)、キャリアアドバイザーといった経験豊かなスタッフが配置されており、キャリアに関する相談や就職活動に関するさまざまな支援を行っています。

国際交流センター

国際交流センターは、海外の大学・研究機関との協定締結、教員の交換・招へいに関する業務、外国人留学生関係の業務、本学学生の海外派遣業務、外国大学からの交換留学生受け入れ業務などを主に行っています。

総合情報センター

法政大学総合情報センターは、コンピューターやネットワーク・システムの利用環境を全学的に整備し、高度情報化に対応した教育・研究を支援するため1997年度に設立されました。本学のネットワークは、専用広帯域回線によりインターネットへ接続しており、高速、大容量なデータ送受信を実現しています。

SAセンター

「スタディ・アブロード(SA)プログラム」は「学部カリキュラム」として一定期間、学部生が海外協定校に留学するプログラムです。2000年に国際文化学部でスタートしたこのプログラムは、現在全10学部で実施されています。

法政大学史センター

法政大学史センターでは、本学の歴史に関する調査・研究を行っています。法政大学史に関する資料の収集・保存、『法政大学史資料集』の編纂を主たる活動とし、その他、自校教育などの教育部門への協力や大学史関連資料の展示・公開等も目的としています。